袋工房はビニール袋、ポリ袋などオリジナル袋印刷の専門店です。

袋工房

袋工房 トップページ>袋工房とは

袋工房とは

 

さらにコストが安くて経済的!

袋工房は、オリジナル袋の専門店です。
完全オーダーメイドでご希望のポリ製の袋をお作りします。

店舗の包装用、小物の整理やリュック、プレゼント包装用としても、
様々な場面で使用されている「ポリ袋」。
中身を見せるデザインにも、写真などの画像印刷にも、
デザイン性を求められるものを製作するときにも自由度が高く、
扱いやすく着色印刷し易い素材です。

「ポリ袋」と「ビニール袋」の違いとは

「ポリ袋」は食品を包装している袋や買い物袋など日常生活で見かけるプラスチックフィルム製の袋です。
一般的に「ビニール袋」と呼ばれているものの多くは、ポリエチレンやポリプロピレンでできています。
「ビニール袋」は 本来、ポリ塩化ビニルまたは、塩化ビニル樹脂製の袋のことですが、現在では包装材として私たちの身の回りで見かけることはほとんどありません。日本では塩化ビニル樹脂が古くから使用されていた為、一般名称としては「ビニール袋」が現在でも利用されています。
この為、このサイトでも、「ビニール袋、ポリ袋などオリジナル袋印刷の専門店です。」と案内させていただいております。

薄い・軽い・丈夫。防水性が高く、防湿性が高い。コストが安く経済的!

「ポリ袋」は炭素と水素からできています。そのため、「ポリ袋」を焼却しても水と炭酸ガスになり、塩化水素などの有害なガスを発生させることはありません。リユース・リサイクルも可能で安全に焼却処分できる環境にも優しい素材です。

「ポリ袋」は少ない資源で重いものや水分を含んだものも安全に包むことができるので、食品包装やごみ袋などには最適な素材だといえます。「ポリ袋」は薄くて軽くてとても丈夫なので、買い物袋や小袋は繰り返し利用(リユース)できます。

小物の整理やプレゼントなどにも使えますし、旅行の時にポリ袋を持って行くと何かと便利です。
最近では買い物袋持参運動も盛んになり、普段の買い物の際にポリ袋を持参する方も増えてきました。
※「ポリ袋」は何度か使われた後、生ごみなどを入れて捨てるのに利用されることも多いようです。
汚れが付いて使えなくなった時には、衛生面も考慮して処分してください。

「ポリ袋」の特徴とは

透明度が高い・着色や印刷し易い。

店舗の包装用、小物の整理やリュック、プレゼント包装用としても、様々な場面で使用されている「ポリ袋」。
中身を見せるデザインにも、写真などの画像印刷にも、デザイン性を求められるものを製作するときにも自由度が高く、扱いやすく着色印刷し易い素材です。

衛生的・毒性を含まないので環境に優しい。

燃やしても水と炭酸ガスになり、安全なので、最終処分に際しては埋め立て処分することなく、焼却して発電やその他の熱利用によりエネルギーの回収が可能です。

リサイクルできる。

生ポリ袋は熱可塑性樹脂でできていますから、加熱して別の形に再加工できます。

一部の新聞社では、新聞の配送用に使っているポリ袋など を新聞販売店から回収してリサイクルする試みが始まっています。
(一般家庭で利用されたポリ袋などは、油や食品などの汚れが付着していることが多く再製品化は困難ですが、その場合は、焼却処理せず、焼却の際に発生する熱エネルギー回収・利用する、サーマルリサイクルを図るのが望ましいといえます。)
リサイクル製品のごみ袋
代表的なリサイクル製品は黒いごみ袋です。工場で出るスクラップからつくられるため、色ムラが出ることも多く、黒い着色剤を添加して仕上げられています。このように、リサイクル製品をきれいに仕上げようとすると黒や灰色などの濃い色になりますが、手提げ袋などの商品もつくることができます。資源を有効に活用し、社会全体で廃棄物を減らすためにもリサイクル製品を優先的にご利用ください。
生産現場で出るスクラップや使用済みの業務用フィルムの中には、再製品化されるものもあります。

【ポリオフィレンフィルムのリサイクル事例】

再製品化 ・・・・・フィルム製品、杭、物流パレットなど
燃料や熱利用 ・・・固形燃料、コークスの代替燃料、焼却熱利用・発電、セメントキルン向燃料
化学利用 ※ ・・・・油化、製鉄所高炉の還元剤、ガス化、コークス炉の化学原料化
※容器包装リサイクル法に定められた「プラスチック製容器包装分別基準適合物」の再商品化手法